いいねぇ。静岡生活 静岡市の移住定住情報サイト

東京・相談窓口 080-2125-1591
静岡・相談窓口 054-221-1022

移住者インタビューINTERVIEW

CASE
「自然たっぷりの環境で、親も近所も
助け合うのがいい」暮らし方。

京井 麻由さん

野外保育ゆたか代表
結婚を機に三重から静岡へ移住

こども同士、親同士の関係を育む

京井さんが代表を務める野外保育ゆたかは、静岡の豊かな自然とその恵まれた環境で子育てをしたいという人達が集まっている場所だ。

ひとりっ子が増えている時代の中で、意識的にこども同士の密な関わりをつくっていくため少人数制をキーワードとしている。また3学年それぞれ異年齢同士が関わる場があるのも特徴だ。
大きな集団だと、仲の良い友達同士としか遊ばない傾向になりがちだが、少人数制だと、いつも喧嘩してしまうような友達とも必然的に密に関わっていくことになる。そうすることで兄弟のように関わりが深く、お互いに認め合うようにこども達が成長していくのだ。

そうした空気が同じように親達の中にもある。
敷地内で野菜を育てている「ゆたかの畑」は保護者の有志が管理しているそうだ。保護者が主体的に関わろうとする姿勢は運営するスタッフが助かるだけではなく、自然と親同士のより良い関係づくりにもなっている、と京井さんはいう。

「単に保育園のスタッフとこどもを預ける保護者の関係のみならず、小さな子育ての悩みでも気軽に相談し合える家族のような関係がここでは築かれていると感じています。」

一般的な保育施設から野外保育ゆたかに移ってきた親子はどうだろうか?京井さんに聞いてみた。

「ギャップは感じていると思います。一般的な保育施設と比べると関係性はかなり濃いという点や、スタッフがこども一人一人をじっくりとみることが出来るという点などに違いを感じていました。」

休日は園に通う保護者とそのこども同士が一緒に遊んでいたりするそうだ。そういう話を聞くとやはり、親同士、こども同士の関係性がかなり濃いというのは特徴的である。

お互いが認め合い、助け合える環境づくり

森のようちえんの特徴として、週に2,3回の山の散歩がある。わたしは取材をするため、私はこども達と一緒に山の散歩へ同行した。

大人から見てもかなりハードな山道をこども達は慣れたようにスタスタと進んでいく。わたしが前に進むのがやっとな中で、こども達は野いちごや木の実を見つけて味見してみたり、後方の自分より年下のこどもを気遣ったり、面白い形の葉っぱや木の枝を集めたりしていた。

やっと、折り返し地点の原っぱに到着したところで、お弁当を食べていると、近所のおじさんがミカンを差し入れに持ってきてくれた。
こどもたちも大喜びでおじさんを囲む。
見ず知らずのお年寄りが親しく接する光景は街中や都会ではではめずらしい。このような関わり合いはこどもたちにとってとてもいい影響をもたらすと京井さんは言う。

「お年寄りのことを小学生がバカにする、という行動は社会的に核家族化の流れが少なくとも影響していて、そんな中で自然にお年寄りと接することができることは、園舎をもたない森のようちえんだからこそではないかと思う」

しかし、園舎をもたない森のようちえんだからこそ、当日の天候によって予定が変更されることも少なくない。このような場合、集合場所の変更や送り迎えについて運営スタッフと保護者との連携が必要になってくるが、こうした手間に感じてしまうことも保護者は協力的だ。このスタイルが成り立つのも、森のようちえんの理念に賛同し、主体的に保育に関わろうとする保護者の意識が高いからだろう。

だからこそ、一般の保育施設の保育者と保護者との関係とは少し異なる信頼関係がここでは築かれている。
野外保育ゆたかでは、よくあるPTAのような役割も決めていないそうだ。子育てが落ち着いてきた家庭や、生まれたての赤ちゃんがいて子育てに余裕がない家庭など、様々な状況の家庭がお互い助け合っている。あくまで有志で取り組むのだ。それぞれの各家庭の環境が違うなかで、平等に役割をこなすのは難しい。それをお互いが認め合って、助け合える環境がここにはある。

こども達がより良い環境で育つ場所としてはもちろん、子育ての悩みやノウハウを共有できるコミュニティとして、野外保育ゆたかは静岡の中でも一歩進んだスタイルとして注目を集めている。

子育てするには最高の環境

大阪出身の京井さんは、大学進学で三重へ、そして結婚を機に静岡へ移住してきた。現在は母として、野外保育ゆたかの代表として、意欲的に活動している。

そんな京井さんに、これから静岡に移住してくる人に向けてのアドバイスをいただいた。

「静岡は、寒すぎず暑すぎず、これだけ自然が豊かで、人も穏やか。とても過ごしやすく、暮らしやすい。この環境はこどもを育てる家庭にとっては、最高です。人とのつながりも穏やかで優しいですし、これから移住してくる方々もあまり肩に力を入れずに入ってこれる場所です。
野外保育ゆたかに所属している親子さんも都内から転勤してきた方もいらっしゃるし、外の人がきても排除するようなことも決してないので、初めて移住してきて入るコミュニティとしては、とてもいい場所だと思うんです。」
Other Interview
古木 直人さん
「仲間と関わりながら、地元に 貢献できる仕事をする」暮らし方。
中村 光太さん
「地域のハブをつくり、自分たちが 静岡の個性を育てていく」暮らし方。
浅原さんご夫婦さん
「こどもはこどもらしく、 大人は大人らしく遊べる」暮らし方。
移住コンシェルジュ

ぜひ私たちにご相談ください。

【東京・相談窓口】

「NPO法人ふるさと回帰支援センター」東京交通会館8階
10時から18時まで(月曜及び祝日は休館)

TEL 080-2125-1591

【静岡市・相談窓口】

静岡市役所 企画局 企画課 移住・定住推進係
平日 8時30分から17時まで

TEL 054-221-1022

メールフォームで問い合わせ